読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりと(悪性リンパ腫闘病記録)

悪性リンパ腫になってからの記録

病名確定まで③

2016年4月 耳鼻咽喉科 外来①
D大学病院の耳鼻咽喉科を受診。

見た目は悪性腫瘍ときっぱり。
病理検査とCTを行い、悪性であれば同系列の別病院など他院を紹介するので行きたい所を考えておくように、と言われる。

その後、検体採取。
喉に麻酔。しばらく時間おいて、金属の受け皿(口から出た何か(笑)を自分で受け止める)を持って処置用のチェアに座る。
内視鏡でカメラを見ながら、腫瘍の一部を何ヵ所か採取。
人によって違うが、私は反射反応があまりないので余裕。


2016年4月 2日後
一晩で「首の左が腫れる」外からみてもわかるほど


2016年4月 耳鼻咽喉科 外来②
CT検査
血液検査(sIL2-R※が基準より高い)
悪性リンパ腫腫瘍マーカー


2016年4月 耳鼻咽喉科 外来③
病理診断の結果がでて、病名が確定する。
『びまん性大細胞型B細胞リンパ腫』
さらに細かい分類(サブグループ)は、引き続き調べる。血液内科を紹介され当日受診


この頃は、「体のだるさ」「喉の息苦しさ」が強くなってきてました。
困ったのは仕事のこと。直上長に話をし、フレックス制度をふる活用して通院してました。

あと、家族への説明。
親には確定診断後に電話。翌日直接話をしました。
あまりショックを与えたくなくて。

逆に子どもには、早めに癌の可能性があることを話しておきました。何かあったとき影響あるのが彼らであり、生活を共にしていてこれから協力してもらう必要があるので隠さず。

確定診断直後の会話は次の通り(笑)
f:id:miisan3:20160817005926p:plain:w120