ゆっくりと(悪性リンパ腫闘病記録)

悪性リンパ腫になってからの記録

病名確定まで(所感)

しこりに気付いてから、病名が決まるまで一年。
結構長かったです。
人間ドックでもわかりませんでした。
自分の体を気にかけ、いつもと違うときは病院に行くことが大事だと思いました。

癌ってデリケートな病気だけど、私が知ったのは、先生の独り言。
その時は頭がついていけてなく、「はぁ。。」っていう反応しかできませんでした。

その日、帰宅してから、癌という言葉が頭にじわじわと浸透して、インターネットで検索。
生存率は怖くて見れなかったです。

次に考えたのが、子ども達の事。
自分が死んだ場合のシミュレーションを頭の中で。。まぁぎりぎり大丈夫かな?と納得。

その次に親にいつ言うか悩みました。
ショックを受けるだろうから兄に相談。
病名が確定してからにしたら、
。。これが失敗で、あとからばれて、黙ってたことをもの凄く叱られました。
母にしたら隠されたことがショックだったようで、難しかったです。

腫瘍があるとわかった二回目以降は、それほどショックはありませんでした。
あー、やっぱりそうだったのね。
なら、きちんと病気の原因や治療を調べよう。という方向に気持ちが向きました。
元々、家庭の医学書とかを読むのが好きなので苦ではありませんでした。

一回だけ泣きました。
病院の待合室で卵子精子保存の冊子を読んだ時です。
癌になったら、子供を作るのが難しくなるって気づいたからです。
子どもはいますし、もうそんな年ではありませんが、
出来なくなるものを具体的に理解したとき、寂しくなってしまいました。

ただ、自分が不幸とかは考えてません。
死の恐怖はありましたが、それは乗り越えられました。

仕事や生活で無理しない、と決めてから、
自分がやらなきゃというストレスから解放されて心穏やかに日々を過ごしてます。
なんとなく、爆走する私に誰かがブレーキをかけてくれたのかなぁ。と思ってます。