読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりと(悪性リンパ腫闘病記録)

悪性リンパ腫になってからの記録

R-CHOP 2コース1W①(初めての)

初めての外来で化学療法。

8時半に受付なので7時半に出発。

受付後は、中央検査室。
血液採取して化学療法室へ移動。

化学療法室で看護師の問診。
●血圧、体温、酸素量測定
●体重は自己申告
●それ以外の症状
 私の場合、手の指の痺れ。

問診表を持って、血液内科へ移動。

血液内科で医師の診察。
問診表と血液検査の結果で化学療法を行うか医師が判断する。
OKだったので、また化学療法に移動。

途中で水を購入し、前投薬を飲む。
カロナール
レスタミンコーワ
あと、化学療法の薬剤も飲む
プレドニン

化学療法室で、椅子に案内される。
その後、調剤するので終わるまで待つ。
(専任薬剤師がいます。クリーンベンチという無菌で製剤する設備がある)

看護師がきて、点滴のルート確保。

ルート確保後、リツキサンから開始。
ここで、速度200ml/hが初めてであることを話し、とりあえず医師がOKならということで点滴開始。

全部で6時間位かかるので暇かな?と思ってましたが、点滴始まると眠く。。爆睡したのでお昼までアッという間!

リツキサンさんが終わる頃、1回目を覚まし、持参したサンドイッチを食べ、また眠りに。

ドキソルビシン点滴前にトイレに行くか?と聞かれました。
この薬が血管から液漏れすると皮膚が壊死する可能性が強い。そのため点滴の間なるべく動かない方が良いそうです。

もちろん、トイレに行きました。
怖いので。

そしてまた爆睡。
なんででしょうね。

点滴が全部終わり、お会計へ。


点滴後は食欲がなく、眠い。
血圧は92でふらふらする。
階段は、手摺りにつかまってゆっくり降りる。
気をつけないと。

友人が迎えにきて、車で帰宅しました。
ありがたいです。

後6回!

がんばろう。