読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくりと(悪性リンパ腫闘病記録)

悪性リンパ腫になってからの記録

ちょっと休憩(寛解後1回目)

大寒波の日、風が強く寒い。たくさん着込んで、寛解後、初めての受診。


出かける前に、ちょっと思いついて、「人間ドック検診成績表」を鞄に放り込む。

電車に揺られながら、今日は何を質問しようか?
。。と思いながら、ついついスマホでニュースやtwitterを見たり、仕事の考えたり、
思考がぶんぶん飛んで落ち着きがない。漠然とした不安で心が重い。
結局、病院に到着するまで何にも考えず。


さて、一か月ぶりの病院。久しぶりだー、まずは血液検査だっけ。
土曜日はとても空いていて、検査の待ちはなし。
いつも通り針が刺さる様子を凝視。うん、今日はうまい。全然痛くない。

血液内科に行って、ソファーで順番待ち。
ふっと顔をあげると、仕事のお客様によく似た方がいて「どきっ」とする。
ふーっ、白衣にマスクって恰好は、皆同じ人に見える、心臓に悪いよ。

ようやく落ち着いて、手帳に今の症状、質問したいことを書き出す。
思いついたまま書き出し、再度読み返して不用なものを消していく。
限られた時間だから、質問は明確に、答えやすいものに絞ろう。


。。そんなうちに順番が回ってきた。

「こんにちはー、どうですか?調子は」と先生に尋ねられ

よし!さっそく、と
「体が痛いんです。」
「かがんだり、立ち上がるときとか筋肉痛みたいな感じで足とか腕とか。。」
と勢いよく話始めたところ、

「あれ?血液検査の結果は全く問題ないですねー」と返事。

先生曰く、抗がん剤の副作用だったら、手足の指先の痺れはあるけど、
体の筋肉痛のような痛みは思いつかない。とのこと。
結局、寒さとか気候の影響かもしれない(+ステロイド躁状態だったから今までわからなかった?)という意見。

うーん、あんまり納得できない。
ただ、①時間の経過で痛みは確実に減っている②薬飲まなくても耐えられる、ので、
もう少し、筋力をつけながら様子をみよう。と自分で決める。


続けて、先生から血液検査結果の説明。

白血球は3000/μlでやや低め、でも昔から低いので、問題なし。
IgG(これはB型細胞が作る免疫)は、1024mg/dLで前よりあがってきて問題なし。
腫瘍マーカー(sIL-2R)は380U/mL(11/26採血)。今まで一番良く正常値になった。


私の質問のターン。

過去3回分がのっている「人間ドック検診成績表」をとりだし、見てもらう。
最新が今年の11月末でちょうど抗がん剤終了後の結果が含まれている。

1)肝臓系
  今日、検査をしていない「γ-GTP」が高いので、次回の検査に追加。

2)尿検査
  白血球反応(+)は、軽い膀胱炎にかかった時なのでOK

3)血清反応
  リウマチ因子(621.4、990.9、125.0)。基準値0~15に対してものすごく高い。
  話の中で先生に高いと伝えていたけれど、今まで先生から反応なかった。
  CRP(炎症反応)も0.1とそれほど高くない。
  でも、実際の数値を見て、先生も気になったらしく、
  次回リウマチ関連の検査をすることになる。

続けて、
生理がなくなった伝える。
薬の副作用で一時的に止まる事はあるけど、閉経には年齢的に早い。
このままだと骨粗鬆症になる可能性があるので、様子を見て産婦人科に相談。となる。

これは聞いてよかった!。
質問しづらいけど、生理ない方が楽~、なんて思っちゃたけど、体に影響があるなら対応しておきたい。

もういっちょ。
産業医面談があるけど、何か伝えることありますか?
寛解」て言えばよい、とのこと。残業とかは自分の気持ち次第でどうするか決めてよいですよ。と、

あともう一つ。内容は内緒(笑)
聞いた瞬間、先生は「にやり」と笑って、それは大事。いいんじゃない。と、
ふふっ、先生わかっているじゃないですか♪

処方をオーダするとき、寝付けないので入眠剤をお願いする。
今までは院内処方だったけど、ルールが厳しくなって院外処方になる、との事。
「すいませんね。電子カルテの設定が変わって、院内でだす理由を入力しなければいけないんですよ」
またまた、「にやり」
もー、先生、そんな意味ありげな顔をしなくても(笑)


友人が車でお迎えにきてくれて楽々帰宅。
些細なことを話して、笑って、心が軽くなって暖かくなる。
いつもありがとう。

次は2月末。このまま何事もなく、5年経ちますように。


追記:今まで意識的にあったことだけ書いてましたが、加納さんの本を読んで、書き方を変えました。
なるべく心の動きも書くようにしています。