ゆっくりと(悪性リンパ腫闘病記録)

悪性リンパ腫になってからの記録

病名確定まで②

2015年12月(続き)
症状変わらず、抗生剤変更。ステロイドプレドニン]追加。3日後に腫瘍が消えて原因のわからないまま治療完了。最初は腫瘍と言われてたが、途中から潰瘍と言われよくわからないまま終わり。


2016年 3月
「耳の痛み」で耳鼻科Cを受診。再び、デブリが貯まっていた。短期間で2回も起きてるので手術になるかも、と言われる。


2016年3月
「喉に痰が絡みついてる感覚」「仰向けで寝ると息苦しい」あり。多忙のため、うがいとトローチで2週間誤魔化して過ごす。


2016年 4月
「息苦しさ」が顕著になり、耳鼻科Cを受診。喉の腫瘍が広がっていた。ここで初めて腫瘍の画像をみる。以前、ステロイドが効いたので再び投与。翌週の状態で大学病院に紹介するか判断すると言われる。
翌週、症状変わらず、紹介状を書いてもらい、そのまま大学病院Dの耳鼻咽喉科へ。

f:id:miisan3:20160816211105j:plain:w80←もらった写真えぐい!


淡々と書いてますがこんな書き方で伝わりますでしょうか(笑)

真珠腫性中耳炎は、鼓膜の一部が袋のように内耳側に凹み、そこにデブリ(垢)が貯まる病気です。炎症をおこし、内耳の骨を溶かすこともあります。発病してから10年間、とくに何もなかったのですが、炎症が立て続けに発生しました。腫瘍で外耳の換気に影響があったのかな?と想像してます。

この頃は、大学受験ピーク。仕事も多忙で12月に徹夜5回、3月に3日連続仮眠のみ、という時もありました。
プレッシャーと自分がやらないとダメだという使命で動いてました。変なテンションでした。
ここで体の限界をこえたと思います。

疲れきってました。